ブログ

進路指導

令和元年度 第38期生 進路結果報告

令和元年度 38期生の進路結果がまとまりましたので報告します。

各分野別の合格状況については、下のファイルをご覧ください。

1人で複数合格した場合も、それぞれ合格件数に入れています。

 【大学・短大】令和元年度第38期生進路合格状況.pdf

 【専門】 令和元年度第38期生進路合格状況.pdf

【看護医療系専門・就職・公務員】令和元年度第38期生進路合格状況.pdf

大切な時間をどう使うか?(進路指導部より)

進路通信「My Way」を発行したばかりですが、

ここ数日、大学・専門学校・進学予備校・公務員(警察)の担当者から

新年度の挨拶の電話等があり、

そのときに、この時期の「学校の対応」や「過ごし方」について

話を伺ったのですが、

参考になるいいお話しだったので、

是非、皆さんに紹介したいと思い、書くことにしました。

 

(1)情報は「ホームページ」をこまめにチェックしてほしい。

ホームページは最新情報が掲載されるので、

こまめにチェックしてくださいとのことです。

オンラインによる学校説明会、オープンキャンパス、模擬授業など

行っているそうです。

来月になれば、実施する学校はもっと増えてくるとのことです。

 

(2)生活リズムが今後を決める。

早起きができ、朝から勉強できる人は、

決められた時間をきっちり守れるので、

オンライン授業でもしっかり受けることができるが、

臨時休業で生活リズムが崩れ、

昼夜逆転の生活になってしまうと、

授業を受けられず、勉強しなくなってしまうとのことです。

 

(3)教材を上手く使う。

無料教材や、過去問や対策本などのツールを

いかに使うかがポイントとのことです。

 

(4)本を読む

こんなときだからこそ、本を読めます。

心に残るような本を読んでみてはどうかとのことです。

 

 

本来ならこの時期、本格的に授業が始まり、

1日あたり、50分×6コマ=300分(5時間)

1週間では、300分×5日=1500分(25時間)(※学校の授業)

学習しているはずです。

それが、自宅待機になると、この普段の学習時間を

学習の時間として使わなくてはいけないのですが、

これは相当難しいと思います。

 

でも、8時30分か15時20分の間は、

普段の学校と同じ時間で自学自習をしてみませんか。

 1日あたり、50分×6コマ=300分(5時間)

大切な時間を、自分の将来のために使ってみませんか。

 

警察の方も言っていました。

「興味のあるものだけではなく、本来取り組むべきものに時間を使えるといいですね。」

 

本当にそうだと思います。

次、皆さんに会えるのを楽しみにしています。

(文責:進路指導主事 山本 和雄)

2019年度進路通信 My Wayについて

本校進路指導部では、進路指導に関する情報をお知らせすることを目的として、進路通信“My Way”を月1回程度で発行しています。

昨年度発行した“My Way”を進路通信「My Way」のページに掲載しております。

ぜひご覧ください。