40期生活動報告

「伝える」ために

みなさんにとっての伝達手段は何ですか?

 ほとんどの人が「スマホ」と回答するのではないでしょうか?「ガラケー」もほとんど見かけなくなり、「PHS」や「ポケベル」と聞いてもピンとこないでしょう。それ以前には、各家庭にある固定電話で連絡を取り合うことが主な伝達手段であり、都会では電話ボックスや公衆電話の前に列ができることもありました。急用でなければ「手紙」も重要な伝達手段でしたが、今はメールで早く手軽に代用できるようになっています。それでは、電話すらなかった時代には、離れた相手と連絡を取るためにどんな手段を用いていたのでしょうか?

 大化の改新で有名な中大兄皇子が活躍していた663年に白村江の戦いが起こりました。倭国(当時の日本)が朝鮮半島にあった百済国に援軍を送り、中国の唐と朝鮮半島の新羅国の連合軍と激突した戦いです。この戦いで敗れた倭国は、唐・新羅連合軍の侵攻に備えて九州北部に防御施設を設置していきました。堀と堤によって築いた水城や、山を利用した朝鮮式山城などがつくられました。その頃、離れた施設で伝達手段として用いられたのが「烽(とぶひ)」です。敵の侵攻を確認した際に、日中は煙、夜間は火によって離れた味方に知らせる設備です。それに気づいた次の地点でも煙や火を起こしてさらに先の地点へとリレー形式で伝えていくことができました。ちなみに燃やしていたものは、煙が発生しやすい「よもぎ」や「わら」であったようです。

このような手段は、戦国時代にも活用されていました。戦国時代には「狼煙(のろし)」とよばれている手段です。戦国時代には、日々領地をめぐる争いが各地で起こっており、敵の侵入をいち早く知らせる必要がありました。それとは逆に敵の領地へ攻め込む際にも「狼煙」が使用され、煙の数や色を変えることで複数の指示を使い分けることもできたようです。それだけに、戦時に限らず、平時においても城や砦には「櫓(やぐら)」とよばれる見張り台が設置され、合図や異変を見逃さない工夫もされていました。

江戸時代に入ると、手紙や物を遠く離れた相手にできる限り早く届ける「飛脚」のシステムが発達していきました。古くは奈良時代の駅制(街道に16㎞ごとに駅家をおき、配置された馬を乗り継ぐシステム)から始まり、鎌倉時代からは「飛脚」と呼ばれるようになりました。江戸幕府専用の継飛脚は東京から京都までを68時間程で届けていたというのですから驚きです。しかし、「飛脚」は幕府や大名以外に、商人などが利用する程度で、庶民の手にはなかなか届かないものでした。

その「飛脚」を元に、明治時代に創設されたのが「郵便制度」です。1873年には全国均一の料金制度が実現して利用しやすくなりました。現在においても、同額の切手で全国各地に手紙が届きます。その画期的な「郵便制度」を創設した前島密(まえじまひそか)は、今でも1円の郵便切手のデザインに採用されています。

明治時代には、それまでになかった新しい制度も始まりました。それが「電信」です。「電信」とは、ケーブルを通じて信号を送るものであり、それによって電報のように文字を送ることができるようになりました。日本で初めて電信線が引かれたのは1869年、東京・横浜間でした。横浜には日本一の貿易額を誇る港があり、常に連絡を取り合う必要があったためです。その2年後には、海底ケーブルが長崎・上海間にも引かれるなど、海外との通信も可能となりました。さらに、1890年には東京・横浜間での電話サービスが開始されましたが、現在の価値に換算すると5分で2,250円相当の費用がかかったため、当初の加入者は200人にも満たなかったということです。アジア太平洋戦争後も電話は借りる物というのが一般的であり、家庭用電話の普及が9割を超えたのは1980年頃でした。

「電信」技術の応用が進められたおかげで、今現在では「無線通信」や「FAX」、そして「インターネット」など私たちの生活に欠かせないシステムが利用できるようになりました。離れた相手とつながる手段は多様で便利になりましたが、いずれにしても相手を思いやりながら言葉を交わしていきたいですね。

 

タグ 2年日本史.